人気ブログランキング |

床暖房 「狭小住宅に住んでみた9」

床暖房 「狭小住宅に住んでみた9」_e0028417_10542043.jpg

 2・3日前から少し気温が下がり始めました。皆様、いかがお過ごしでしょうか。
 秋・冬の季節と言えば暖房シーズンの季節。我が家の床暖パネルが1年ぶりに再始動しました。9カ月ぶりに動かすこともあり、試運転をしましたが、特に問題なく作動。30分後には床がちょうどいい温度になりました。
床暖房 「狭小住宅に住んでみた9」_e0028417_10544241.jpg

我が家の場合、オール電化住宅のため、夜間電力でお湯を沸かしています。電力は日中の時間帯の1/3でお湯を沸かし、そのお湯を12㎜の床暖パネルの中にあるチューブに流し込んで床を温めるシステム(低温床暖システム)を採用しています。私の自宅では朝7時以降や夕方の帰宅時(5時以降)に床暖を数時間利用します。電源を切っても1時間くらいは余熱があるので、それらの時間を引いた時間が実際の稼働時間になります。床暖パネルの下部は断熱しているので熱が逃げないように工夫しています。費用は3ゾーンをリモコンでコントロールするタイプで50万程(エコキュートは別)で少し初期費用が掛かりますが、ランニングコストでは他の暖房器具よりも省エネで空気も汚さないのでエコな暖房器具になっています。リフォームや新築の際に検討できる方には是非お勧めします・・・・つづく。
床暖房 「狭小住宅に住んでみた9」_e0028417_10552113.jpg

床暖房 「狭小住宅に住んでみた9」_e0028417_10563045.jpg
床材は無垢の床(パイン材:オスモ塗 低温床暖対応) を採用、木の肌触りの良い素材を採用しています。)



\\\//アトリエ・バウ 1級建築士事務所 松山市 愛媛 四国 建築家 設計事務所 デザイン住宅 狭小住宅 長期優良住宅 低炭素住宅 オープンデスク////\\\ 

 毎週土日は住宅見学会・無料相談会開催しています。詳しくは下記までお問合せ下さい

※問合せメール info@atelierbau.com TEL089-989-8661

















by atelierbau | 2016-11-02 10:57 | 住宅 | Comments(0)

設計事務所と作るオリジナルの家づくり


by atelierbau
プロフィールを見る
更新通知を受け取る