人気ブログランキング |

前川國男 近代建築を巡る その4 弘前中央高校講堂 昭和29年(1954年)竣工

前川國男 近代建築を巡る その4  弘前中央高校講堂 昭和29年(1954年)竣工_e0028417_21135262.jpg
 写真)弘前市中央高校講堂:延べ面積 873㎡ RC造2階建 建築面積 605㎡ 前川氏49歳

弘前公園の東側に隣接し、現在は共学となったが、長い間女子校として知られた弘前中央高校の創立50周年記念事業として建築されました。前川への依頼は、木村産業研究所の木村隆三の兄、木村新吾がPTA会長をしていたことがきっかけとのこと。校門を入ると、その軸線上に建物の正面が配置されている。全面がスチールサッシのガラス張りの正面からは、中のホワイエを見通すことが出来る。ホワイエは2階座席の階段状の構造がそのまま天井面に露出しており、白い壁と階段の手すりの黒のコントラストが、シャープな美しさをみせてくれる、、、はずだったが今回は平日で授業中だったので、私は学校の門あたりから撮影するだけになりました。(前川建築を大切にする会のHPの内部の写真をご紹介させていただきます。)

前川國男 近代建築を巡る その4  弘前中央高校講堂 昭和29年(1954年)竣工_e0028417_21152542.jpg

写真)ホワイエ。今治市公会堂(1958)に構造デザインが似ています。

前川國男 近代建築を巡る その4  弘前中央高校講堂 昭和29年(1954年)竣工_e0028417_21232724.jpg
写真)ホール内部:前川國男の建築を大切にする会HPより。最近残念ながら、震災の関係で天井は特定天井の構造に改修されたとのことで、この写真はオリジナルの姿を残す貴重な写真とのことです。音響等への配慮が天井の形状を見ていると感じれます。
前川國男 近代建築を巡る その4  弘前中央高校講堂 昭和29年(1954年)竣工_e0028417_21252640.jpg
 両側面は傾斜する大きなガラス面で、ホール全体に外からの光が溢れんばかりに差し込む。館内には、微妙なカーブを持った折りたたみ式の座席が緩やかなスロープで舞台まで続く。座席は2階も含め、806席。2004年10月から2006年10月ま で、丸2年計26回にわたり沢山の市民ボランティアと当会員の手により、806席の椅子は新しく甦ったとのこと。後年、全国各地に設計される音楽ホールのさきがけとなる建物。高校の講堂が音楽ホールなんて、当時の中央高校の生徒はどんなにこの建物を誇らしく思ったでしょうか。。なんとなく、今治市公会堂にこのタイプのホールとにた構造がありますが、前川氏の事務所にいた丹下さんや構造の木村さん等も前川さんの影響を受けたのではないかと思います。今治市の市民公会堂は4年後になります。そういう風に考えるとこの建物の貴重さを改めて感じます・・・・。後は葬祭場、森の相談所等をご報告して、前川建築の報告を最後にしたいと思います・・その後は十和田湖の現代建築等の予定・・・つづく。お楽しみに。


 




by atelierbau | 2020-01-27 21:26 | | Comments(0)

設計事務所と作るオリジナルの家づくり


by atelierbau