人気ブログランキング |

渡辺家(国指定重要文化財)

 土曜日に国指定重要文化財である渡辺家を見学した。井出創太郎氏による“渡辺家住宅 その光と記憶”という銅版画の展覧会もあったので合わせて見に行った。
 展示は襖や障子に銅版画を展示するという手法でこの重要文化財である渡辺家にもいい雰囲気で催されていた。ちょっとセイケデリックな作風だが、この古いながらも粋な作りをしている渡辺家には合っていた。
 江戸末期の庄屋の住宅だが、武家並の瓦で屋根は覆われていた。気持ち程度に藁葺きが小さく乗っかっている様子は形だけ身分制度を受け入れている。(ちょっぴり皮肉ささえ感じられる)
 また、神前の間には“どんでん返し”、2階には火縄銃を突き出す小窓等があり、幕末の不安定な治安への警戒から作られた工夫も見ることができる。どんでん返しの裏側にはヤリをおく棚があり、曲者は神前の間であの世へ行ったこともあるだろうし、人がここを通って奥へ非難することもあっただろう。(まるでジョディ・フォスター主演の映画“パニックルーム”の様だ。)
 渡辺家は見たことない方にはお薦めです。

         アトリエ バウ 建築設計事務所 松山市 愛媛 四国 建築家

渡辺家(国指定重要文化財)_e0028417_853837.jpg渡辺家(国指定重要文化財)_e0028417_8532056.jpg渡辺家(国指定重要文化財)_e0028417_8533962.jpg
by atelierbau | 2006-04-10 08:43 | 住宅 | Comments(0)

設計事務所と作るオリジナルの家づくり


by atelierbau
プロフィールを見る
更新通知を受け取る